中古車買取のトラブル2

東日本大震災以降、車の部品や工場がストップしてしまい稼働出来ないことから、中古車に目を向ける消費者が多くなり、中古車の値段が上がりました。

需要が増えた事により色々な業者が買取事業に参入し始めて、悪徳な業者も多くなったそうです。

震災以降、復興支援や復興事業の影響もあり中古車やトラックの買取がとても多くなりました。

中には、電話でなんども買取を求める業者もいるそうです。

「どこよりも高く買い取ります」と良い見積もりをしに業者がやってきます。

売却者が断ればいきなり手のひらを返したかのように見積もり代の40万円を請求してくるのです。

買取が成立すれば見積もり代金は無くなりますと脅しの様な発言。

買取金額も全然高くないそうです。

他にも、「電話見積りOK」とうたっている業者。

何度も電話をかけてきて簡単な電話見積りで金額を高く提示して来ます。

売却者は、その金額で売れると思い業者を呼びます。

いざ買取となった瞬間、「傷」「不具合」などのクレームを良い出し、買取金額がぐっと下げられてしまうのです。

しかし、業者側の意見のひとつとして基本的に見積もりは無料なのだそうです。

でも、売却者の中には遠路はるばる査定に行ったのに数万高かった他の業者と契約してしまったなどの売り逃しもあるのです。

見積もりを大体の基準とされてしまうのは仕方のない事ですし、他の業者が少しでも高いとそっちになびいてっしますのは当たり前の事です。

しかし、何も連絡のないまま他の業者に売ってしまったりだとかがとても多いそうなので、利用者にも原因があるのではないかと言っておりました。

見積もりは基本、無料と言うのが普通です。

そうでないと、ほぼ利用する人はいないそうです。しかし、見積もりを有料にしなければいけないケースもあるみたいなのです。

買取業者も大変なのですね。

利用者もよく考えて業者を選ぶ必要があるでしょう。

物と金額が動くやり取りです。

お互いが誠意を持たなければ良い取引にならないでしょう。

最近は、とても良心的な買取業者も沢山増えました。

お客さんの立場にたって不明瞭だった買取の流れもとても安心kして進めるようになったのではないでしょうか。

売りたい人がいて買いたい人がいる。

そして、それをまた買いたい人がいる。

なんだかおもしろいながれですね。なかなかものを大事にしなくなったこの時代にとてもエコロジーなリサイクル方法だと思います。

皆さんもぜひ、試してみてください。