トラックの運転手

知り合いは、トラックの運転手をしています。運転するのが好きで長距離トラックの運転手になりました。

長距離は本当に大変なのだそうです。

やはり、長距離なので腰が痛くなったり、体に色々とガタが来たりするそうなのです。

個人でやっているのでトラックは、トラック買取の業者から売ってもらったそうでかなり安めで購入出来たそうです。

やはり、かなり長い時間車にいるので車の中はかなり快適に過ごしているそうです。

携帯はもちろん充電できる様にしているし、小さいながら冷蔵庫も完備しているそうです。

運転中は見られませんがテレビは休憩中のお供なのだそうです。

何時でもトラックに住めると話していました。

トラックの中を快適にするのは、職場を綺麗にしたり、仕事がやりやすいように充実した環境を作たりすることと一緒なのですね。

ちゃんとまっすぐに寝れるベッドも置いてあるみたいなので本当に何時でも住めると思います。

「デコトラみたいなのにしないの?」というと、「維持費がかかる」との事でした。

やはり、デコトラは見るからにお金がかかるそうです。

ハマってしまうとどんどんカスタムしたくなってくるそうです。

デコトラ同士の集まりみたいな物も最近ではなかなか減って来ましたが結構ある見たいでどんどんレベルアップしたくなるらしく働いても働いてもそれに使ってしまうそうです。

田舎には田んぼや畑が多くみられます。

田舎は、農業がとても盛んですよね。

近年は、農家さんの高齢化でどんどん農家が少なくなっているそうです。

今の日本自体が高齢化なのでおのずと農家も高齢化になるのは仕方ない事ではあります。

田舎の方にいくとゆっくり走っている軽トラックを良く見かけませんか。

農家の人にとって軽トラックはとても大事なものなのだそうです。

やはり、後ろに大量の荷物を積めると言う事がとても便利なのだそうです。

知り合いの農家さんも最近、ずっと使っていた愛用の軽トラックをトラックの買取に出して新しい軽トラックを購入したそうです。

なかなか、新しいトラックを新品で購入するのは高いので買取業者がいるのはとても便利ですね。

年金暮らしだからそこまでお金を使う余裕が無いので買い取ってもらえてよかったと言っていました。

トラックの買取業者って軽トラまで買い取ってくれるのがびっくりしました。

大きなトラックだけかと思っていました。

調べてみるとかなりトラックの買取業者と言うものがあるものなのですね。

なんでも、リサイクルの時代。

捨てるのだってお金がかかります。

もし、まだ使えるのなら売ってお金に変えた方が経済的にも良いですよね。